淀川三川合流域 さくらであい館

コンセプト

さくらであい館は、
宇治川・木津川・桂川が合流する
三川合流地域の地域間交流や
地域振興、観光周遊の拠点として
人・物・情報が出会う、
活気あふれるスペースとして、
平成29年春にオープンします。

TOP    >    コンセプト    >    地域間交流・活動の拠点
三川合流エリアの観光拠点

南に国宝石清水八幡宮が鎮座する男山、北西に天下分け目の合戦の舞台となった天王山、さらに国営公園内の桜の名所、長さ1.4キロの背割堤など、三川合流域に数多くの観光スポットが点在します。情報発信スペースではそれらの楽しみ方やイベント案内、人気のお店紹介など、多彩な情報を提供し、観光周遊の拠点とします。

地域のニーズに
応える活動拠点

さくらであい館にはトイレや授乳室をはじめ、さまざまな施設が揃い、だれでも自由に入館することができます。会議室や学習室なども利用できます(予約制)ので、各種勉強会やセミナー、講習会、地域のコミュニティ活動など、幅広いニーズに応える活動拠点として多目的に活用していただけます。
> 施設の概要へ

地域の魅力を
発信する賑わい拠点

イベント広場では特産品や農産物を販売したり、地域振興につながる催しを開催したり、地元の魅力を積極的にアピールするスペースとしてご活用いただけます。また大型イベントや桜の季節には多くの見物客を対象にアンテナショップを出店し、商品や本店の情報を伝えることも可能です。
> 三川STYLEへ

地域活性化のための
協働活動拠点

京都文教短期大学(食ビジネスコースの学生)、三川合流域周遊促進プロジェクトチーム、地域の事業者と連携し、地元京野菜の食材を用いたオリジナル商品の開発を進めています。また、周辺市町の地元スイーツや野菜を紹介したパンフレットなどを作成しています。
> 活動紹介へ

他にも地域の物産を集めた「三川マルシェ」の開催など、
今後もユニークなプログラムを展開する予定です。
> 最新の情報はこちら

PAGE TOP